大人も子供も、大好きから揚げについて紹介します。

家庭によって、から揚げの味つけって少し違いますよね。

どんな、から揚げの味付けがあるのか見ていきたいと思います。

家庭で美味しいから揚げが簡単にできると良いですよね。

スポンサーリンク

から揚げ粉成分の紹介

市販で売られているから揚げ粉を使うと簡単においしいから揚げが出来ます。

まぶすだけのから揚げ粉や、水で溶いたりするものがあります。

市販で売られている、簡単にできるから揚げ粉の成分を見ていきたいと思います。

小麦粉(国内製造)、でん粉、食塩、粉糖、香辛料、ぶどう糖/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、膨脹剤、安定剤(加工デンプン)、増粘剤(グァー)が原材料ってなっていました

この材料を、家庭で用意するのは大変ですよね。

最近の市販の、から揚げ粉は減塩タイプも販売されていました。

https://twitter.com/apricottiger5/status/996992830055723008

減塩タイプの、から揚げ粉まであるなんて凄いですね。

スポンサーリンク

から揚げ粉の作り方は?

家庭で作る何種類の、から揚げ粉の作り方を紹介します。

小麦粉大さじ2・片栗粉大さじ2・顆粒コンソメ2,3個・塩コショウ少々・砂糖小さじ1を全て混ぜ合わせるだけです。

 

鶏肉の多さによって、分量は変わります。

混ぜ合わせた、から揚げ粉と一口大に切った鶏肉をビニールの袋の中で、揉みこむだけです。

次のから揚げ粉のレシピです。

醤油とお酒は同じ分量用意します。

生姜は2欠片とニンニクは2欠片位用意します。

長ネギの緑のところ・玉子2個・小麦粉と片栗粉を適量

生姜はスライス・ニンニクはおろします、長ネギの緑の部分を2㎝位の長さに切ります。

醤油とお酒も合わせて鶏肉に揉みこみます。

揉みこんだら数分置きます。

ネギや生姜は揉みこんだ後は捨てた後は、卵2個を溶きます。

小麦粉と片栗粉をふりかけて、よく鶏肉に揉みこみます。

後は揚げるレだけですね。

ニンニクが苦手な人は少しニンニクを減らすと良いですね。

ニンニクをするのが、めんどくさい人はチューブのニンニクを使われて良いかもしれませんね。

こんな変わった、から揚げ粉の作り方も見つけちゃいました。

簡単なのに失敗しない、から揚げ粉です。

焼肉のたれ大さじ3杯・マヨネーズ大さじ3杯・片栗粉 大さじ3杯

鶏肉の量によって調整してください。

焼肉のたれとマヨネーズと鶏肉を、ビニール袋に入れて良く揉みます。

揉みこんだら少し時間を置いておきます。

ビニール袋の中に片栗粉を全体にかかるようにふります。

後は揚げるだけです。

ご紹介したから揚げ粉の作り方は、結構簡単に出来るのではないかと思います。

天ぷら粉成分は?

てんぷら粉って、どんな成分が含まれているんでしょうね。

市販では水に溶くだけの簡単な、てんぷら粉が販売されています。

薄力小麦粉、卵黄粉・卵白粉、ベーキングパウダー、着色料(ビタミンB2・カロテン色素)などを配合し、カラッと色よく揚がるように調整したものです。

てんぷら粉を買わなくても、薄力小麦粉と卵があればてんぷら粉は出来ますね。

市販の方がカラッと揚がるかもしれませんが…

私は自分で、てんぷら粉を買わないでやっちゃった時に、カラッと揚がらなかった経験がありました…。

それからは、市販のてんぷら粉で気軽に天ぷらは作っちゃってました。

私は市販のてんぷら粉に白だしを入れて衣に少し味を付けて揚げています。

衣に少し味がついた方が、野菜のてんぷらなど、そのまま美味しくいただけますよ。

何もつけなくて美味しいてんぷらが出来ます。

スポンサーリンク

から揚げ粉成分まとめ

子供の誕生日などでも、から揚げって定番になっていますよね。

家庭によって少し味も工夫されて、皆さんも作られていますよね。

市販のから揚げ粉ももちろん美味しいですが、簡単に作れるから揚げ粉を紹介してみました。

ニンニクを使われるときは、チューブのニンニクを使われるのも良いですね。

から揚げ粉をしっかり鶏肉に揉みこむこと。

2度揚げする事で、カラッと美味しいから揚げが出来ます。

てんぷら粉とから揚げ粉とは少し成分が違いました。