ヤマップの良い口コミ評判・悪い口コミ評判は?利用状況を紹介

ヤマップ




日本最大級のWebアプリ開発コンテストであるTechCrunch Tokyo 2013のスタートアップバトルでファイナリストになってた登山者向けのアプリのヤマップ(YAMAP)は、電波が届かない山の中でも、スマホのGPSを使って現在地が確認できるアプリです。

ヤマップの良い口コミ評判・悪い口コミ評判は?利用状況を紹介していきます。

ヤマップの良い評判、悪い評判を調べて、きちんとアプリの良いところと悪いところを把握して山登りに望みたいですよね。

 

ヤマップの使い方の紹介です。こちらをどうぞ

ヤマップの使い方(できること)を紹介!これで山登りが楽しくなる

スポンサーリンク

ヤマップの良い口コミ・評判は?

まずは、ヤマップの良い口コミや評判について調べてみました。

 

とにかく簡単でわかりやすく様々な機能が揃っている。

 

山岳ルートも、GPSの機器を持たなくても全てのルートを確認しながら歩くことができる。

 

毎回のトレッキングルートもマップ上にわかりやすくマークされていて正確なログとして残せる。

 

登山仲間のコミュニティも充実している。

 

他の人の登山の様子や記録を見ることができ、様々な写真の記録をもとにコミュニケーションをとることができる。

 

電波がなくても現在地が分かるというシステムがとても良かった。

 

自分の位置が仲間や家族とすぐに共有できるので安心です。

 

活動時間や距離標高まで分かるので、自分の置かれた状況を正しく判断もできるので、非常に有用だと思いました。

 

山ごとに天気や登山者の分布図などもわかってとても良いと思いました。

 

ヤマップ登山保険もあって、1日から期間も選べて安価で保険をかけられるのでこれもとても良いと思いました。

たくさんの良い口コミがありましたね。

やはり、たくさんの機能に関して便利だった、助かったという口コミや評判が多かったです。

ネットの意見はこちら(良い)

スポンサーリンク

ヤマップの悪い口コミ・評判は?

次に、ヤマップの悪い口コミや評判について調べてみました。

 

これまで無料会員で使えていた軌跡ダウンロードができなくなって有料化された。

これは、スマートフォン版ヤマップアプリで活動日記の軌跡をダウンロードし、 YAMAP アプリの地図内に表示する機能のことのようです。

yamap.com の活動日記詳細ページから活動日記の軌跡のダウンロードをする機能は今回の制限対象にはなっていないようです。

 

 

今まで無制限だった地図のダウンロードが無料会員は、5枚に制限されてしまった。

無料会員の場合、アプリにダウンロードしておける地図が5枚までに制限されるため、頻繁に山へ行く人であれば、足りなくなります。

無料会員の場合は、5枚を超える場合は、既存の地図を削除して新しく追加してを、超えるごとに何度も削除と追加を繰り返すことになります。

ただ有料会員になれば無制限なので、この手間は無くなります。

 

 

GPSの精度が悪いのか、少しルートから外れてしまっていた。

GPSがルートからズレることがあるようですが、カーナビやアプリでも少しづれたりすることはあると思います。

 

 

軌跡や画像撮影場所などの共有で、花や自然の盗掘が増えている。

どんな便利な物も悪意で使って悪用しようとする人がいるのかもしれませんが、これについては、使う側のモラルだと思います。

 

ヤマップの会員について、こちらをどうぞ

ヤマップの無料会員と有料会員の違いを検証!上手に使おう

ネットの意見はこちら(悪い)

スポンサーリンク

ヤマップの利用状況は?

ヤマップの利用状況について調べてみました。

登山人口600万人に対して、ヤマップ利用者は100万人と、なんと登山者の6人に1人がヤマップを利用している状況です。

 

ヤマップ解約方法しっておきましょう。

ヤマップ保険会員とは?解約の方法を紹介

ヤマップの良い口コミ評判・悪い口コミ評判は?利用状況を紹介まとめ

ヤマップの良い口コミ評判・悪い口コミ評判は?利用状況を紹介をしました。

悪い評判は、以前は無料で使えた機能が使えなくなったり、無制限で使えていた機能に制限がかかってしまったなどの評判が多かったようです。

確かにこれまで無料で使えていたものが有料になったら、損をした気分になるのも仕方ないかも知れません。

しかし、有料会員の金額もリーズナブルですし、ここまで利用者が増えてきているので、品質を保つためにも、有料化は仕方ないのではないかと思います。

便利なアプリには違いないと思いますので、使用目的や頻度に合わせて、無料会員で使うのか有料会員で使うか検討してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました