大王製紙(エリエール)マスク国内生産を開始!どんな会社なの?




マスクが不足していることで、大王製紙(エリエール)がマスク国内生産を開始!ということです。

大王製紙はどんな会社ななのか検証し、ネットでどれ位期待されているのか?

お伝えしていきます。

スポンサーリンク

大王製紙(エリエール)マスク国内生産を開始!

エリエールブランドを展開する「大王製紙」(東京都千代田区)は4月27日、新型コロナウイルス感染拡大に伴うマスク不足に対応するため、国内での不織布マスクの生産を始めると発表した。

以前から海外協力工場で不織布マスクを生産してきたが、子会社の「エリエールプロダクト」に最新鋭の生産設備を4月末に導入し、生産開始に入る。

生産量は月400万枚で開始し、マスクを必要とする機関や施設などに優先して供給し、生産量を増やしながら一般生活者向けにも販売する見込みだという。

機械の増設により、7月には生産能力を月2600万枚まで増強する計画だ。

引用元:ヤフーニュース

大王製紙は、これまで海外でマスクを生産していましたが、およそ2億円を投資して栃木県の紙おむつ工場にマスクの生産設備を導入し、国内での生産を始めます。

今月末から、月に400万枚のペースで生産を始め、病院など医療機関や介護施設などに優先的に供給するということです。

その後、生産設備をさらに増強して、ことし7月には生産量を月に2600万枚まで増やし、一般家庭向けへの販売も始める計画です。

引用元:NHK

輸入に頼らず、日本の企業が動いてくれた!

しかも誰もが知っているエリエールを作っている大王製紙。

日本人としてうれしい、応援しています。

ネットの意見はこちら

スポンサーリンク

大王製紙(エリエール)マスク国内生産を開始!どんな会社なの?

大王製紙とは

世界中の人々へ
やさしい未来をつむぐ
私たち大王製紙グループは、事業活動を通じた社会課題等の解決を目指すとともに、環境保全や地域社会との共生に取り組んでいます。

引用元:大王製紙株式会社

大王製紙 栃木工場

〒329-1411 栃木県さくら市鷲宿4776-4
TEL:028-686-3730 / FAX:028-686-3733

スポンサーリンク

大王製紙(エリエール)マスク国内生産を開始!どんな会社なの?まとめ

今回は、大王製紙(エリエール)マスク国内生産を開始ということで調べました。

生産場所は、大王製紙の栃木工場ということでがんばって頂きたいです。

日本の大企業が、国民のために動いてくれるのは誇りを感じます。

国民みんなが、期待をしています。

タイトルとURLをコピーしました