2018年6月15日に映画公開されました、

長瀬智也さんが主演する

『空飛ぶタイヤ』

池井戸潤さん原作の小説ですが、

池井戸潤さんと言えば

『下町ロケット』

『陸王』

『半沢直樹』

など人気作品を多数原作してきた方です。

今回の作品『空飛ぶタイヤ』は、

ある事件事故がモデルになっています。

細部の違う所はありますが、

タイヤが外れてしまい

死亡事故になってしまったことから、

話は始まるわけです。

「ホープ自動車」と名前は変えてますが

これは「三菱自動車」のことではないでしょうか。

そこで『空飛ぶタイヤ』の

モデルとなった事故や場所について詳しくまとめながら、

映画と照り合せていこうと思います。

スポンサーリンク

空飛ぶタイヤのモデルとなった事故、場所

横浜母子3人死傷事故

2002年1月10日に

神奈川県横浜市瀬谷区下瀬谷2丁目

交差点付近の中原街道でおきた事故。

運送会社の重機が荷物を積んで、

片側2車線の走行車線を大型トレーラーの左前輪

(直径約1m、幅約30cm、重量はホイールを含めて140kg近く)

外れてしまった。

タイヤは下り坂を約50メートル転がり、

ベビーカーを押して歩道を歩いていた親子3人を直撃。

母親(当時29歳)が死亡し、

長男(当時4歳)と次男(当時1歳)も手足に軽傷を負った

三菱自動車側は、

『車を使っている側の整備不良が原因だ』

と主張した。

 

神奈川県警は、

事故を起こしたトレーラーを実況見分した所、

トレーラーの車両のハブが破損しタイヤやホイル、

ブレーキドラムごと脱落したと判明したのです。

その時、

三菱自動車製の大型車のハブ破損事故は、

1992年6月21日に東京都内で

冷凍車の左前輪脱落事故が確認されてから

57件発生していて、

うち51件で車輪が脱落していたのです。

事故を起こした車両が

前後の型や他社製よりも薄い構造

であったことがわかりました。

また、ねじ締め付け管理方法を怠り、

六角ボルトの締付を強く掛けすぎて

カーブや旋回時に掛かる荷重により金属疲労が生じ、

ハブが破断しやすいことがわかったのです。

 

三菱リコール隠し事件

2000年(平成12年)7月にわかった、

三菱自動車の大規模なリコール隠しがありました。

乗用車からトラック、

バスまでリコール隠しをして、

社会問題になりました

 

2004年にもトラック・バスなどの

リコール隠しがまたありました

そこで乗用車部門も国土交通省が再調査して、

2000年(平成12年)の時の調査が

不十分だったことがわかったのです。

これが日本国民からの信頼を無くしてしまい、

車の販売台数がいっきに激減してしまうと同時に、

当時筆頭株主であった

ダイムラー・クライスラーから資

本提携を打ち切られたのです。

そして廃業の危機りましたが、

その後三菱グループによる支援を受け、倒産の危機を脱しました

スポンサーリンク

空飛ぶタイヤのあらすじ

運送会社の「ホープ自動車」

に勤める加害者(長瀬智也)の運転する

トラックからタイヤが外れてしまい、

大事故を起こしてしまうのです。

その時通りかかった若い母親を、

事故に巻き込んでしまい死なせてしまうのです。

自動車メーカーが事故調査をした結果、

原因は『整備不良』と断定。

しかし、運送会社の

「ホープ自動車」側は整備はしっかりしていたとし、

再調査を求めるが

自動車メーカー側はこれを一切受けてくれないのです。

しかし、実は自動車メーカー側は

車両に欠陥があることを知っていて、

隠していたのです。

そこから、話は進んでいきます。

 

と言うことで話の流れ的には、

ほぼ実話同じなのです。

映画の中の作り話のようなことですが、

信じられません。

本当に隠ぺいってあるんですね。

考えられません。

2000年から、

三菱自動車はリコール問題を隠ぺいし続け、

色々な問題が浮き彫りになってきた。

問題が出てくれば出てきた分だけ、

また隠ぺいする。

それが、車を使っての殺人になってしまう。

隠ぺいが招いた事件です。

車の欠陥、リコールを隠さなければ

人の命は落とさなかったかもしれません。

残念でなりません。

スポンサーリンク

空飛ぶタイヤの画像見てみましょう

空飛ぶタイヤの話題はこちらもどうぞ

空飛ぶタイヤの撮影場所・ロケ地は何処だったの?

空飛ぶタイヤは池井戸潤の小説を映画化、本の値段は?