2018年6月15日(金)に映画公開された

『空飛ぶタイヤ』

が話題を呼んでいる。

小説家である池井戸潤池井戸潤

(いけいど じゅん)さんの作品です。

池井戸潤さんと言えば

『下町ロケット』

『半沢直樹シリーズ』

『鉄の骨』

『陸王』

など人気を集めた作品の作者でもあります。

となれば

『空飛ぶタイヤ』

が注目されるのも当然です。

注目されているだけにいったい何処で

撮影されていたのでしょうか。

撮影場所を詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

空飛ぶタイヤの撮影場所、ロケ地

茨城県常総寺報国寺

タイヤ事故で亡くなった被害者主婦のお葬式の場所

 

 

目撃情報があるので間違いありません。

報国寺は、茨城県常総市にある浄土宗のお寺です。

関東鉄道常総線水海道駅から徒歩5分程度の場所にあります。

その昔、元は真言宗の寺院でしたが、弘安4年下総地方を教化されていた良忠上人が、 この地に訪れ、多くの帰依者を得たことによって、浄土宗に改宗されました。

NHKの「ゆく年くる年」にて紹介されたお寺でもあります。

埼玉県埼玉市浦和区常盤の料亭 玉屋

狩野威常務がホープ自動車の『T会議』に利用していた料亭

 

料亭 玉屋

料亭 玉屋のお知らせの中で、

6月15日公開『空飛ぶタイヤ』

の撮影協力しております。

と書いてありますので確実です。

古くは松並木のあった“旧中山道浦和宿 閑静な街 浦和・常盤の地”にある昭和二年創業の料亭 玉家 。

ロケ地としてよく使われています。

例えば‘‘味いちもんめ‘‘ ‘わかれても好きな人‘‘などがあります。

横浜市青葉区の桂台

4月18日に長瀬智也さんと深田恭子さんが

撮影にきたという目撃情報がありました。

住んでいる所に2人が来てくれたら、

うれしくて見に行っちゃいますよね。

テレビで見るよりも長瀬智也さんは

スラットしてカッコよく、

深田恭子さんはものすごく綺麗だと聞きます。

東京都港区六本木のアサドール・エル・シエロ

ホープ自動車の沢田悠太行きつけのお店

 

六本木駅から徒歩約1分のお店。

雰囲気を見ても、ゴージャスなお店です。

落ち着いた雰囲気がいいです。

千葉県の柏周辺

目撃者の感じからすると

千葉県の柏周辺だと想定されます。

赤松徳郎の家

 

長瀬智也さんと深田恭子さんの目撃情報から同じように

横浜市青葉区桂台が赤松家のロケ地だと思われます。

赤松運送の内部

https://twitter.com/soratobu_movie/status/843393765695930368?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2F%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%BF%E3%83%90%E3%83%AC%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%98.biz%2F2018%2F06%2F02%2F%25e7%25a9%25ba%25e9%25a3%259b%25e3%2581%25b6%25e3%2582%25bf%25e3%2582%25a4%25e3%2583%25a4-%25e6%2598%25a0%25e7%2594%25bb-%25e3%2583%25ad%25e3%2582%25b1%25e5%259c%25b0%2F

 

こちらは、

『空飛ぶタイヤ』

のツイッターで報告されていましたが、

セットとして赤松運送は作ったということです。

さがみ典礼 みらい平ホール

空飛ぶタイヤは事故を起こした

運送会社社長を長瀬智也さんが演じるので、

その事故関連でみらい平ホールが撮影されたようです。

関東のあちらこちらで、

エキストラ―を募集してました。

エキストラ―の方が

ツイッターでつぶやいてくれています。

スポンサーリンク

『空飛ぶタイヤ』予告編動画

池井戸潤さんの作品は人気作品ばかりです。

先の読めない展開にドキドキとしてしまいます。

記憶にまだ新しい

『陸王』

はキャストよりも、

内容・ストーリーが面白かったです。

『空飛ぶタイヤ』

公開されてますが、

人気がでることに期待しています。

空飛ぶタイヤの話題はこちらもどうぞ

空飛ぶタイヤは実話の事故を映画化したもの、事故の場所は?

空飛ぶタイヤは池井戸潤の小説を映画化、本の値段は?