丸岡城観光2020!アクセスと周辺駐車場は?周辺のおすすめホテル紹介

お城




丸岡城観光2020のアクセスと周辺駐車場を紹介しています。

また、丸岡城の特徴と周辺のおすすめホテルを紹介しています。

丸岡城は、福井県坂井市丸岡町霞にあった城で、合戦時に大蛇が現れて霞を吹き、城を隠したという伝説により、別名、霞ヶ城とも呼ばれています。

江戸時代には丸岡藩の藩庁でありましたが、現在は天守のみが残っています。

スポンサーリンク

丸岡城へのアクセス

会場:福井県坂井市丸岡町霞町1-59

●電車
JR福井駅下車
もしくは、
JR芦原温泉駅下車

●バス
①JR福井駅前京福バス乗り場から「丸岡線」に乗車、終点「丸岡城」停留所下車すぐ。

乗車時間約35分。

②JR芦原温泉駅前京福バス乗り場から「芦原丸岡永平寺線」に乗車、「丸岡城」停留所下車すぐ。

乗車時間約20分。

③JR芦原温泉駅前京福バス乗り場から「長屋線」に乗車、「本丸岡」停留所下車、徒歩約10分。

乗車時間約20分。

●車
北陸自動車道丸岡ICから、約5分

●周辺の駐車場の地図

スポンサーリンク

丸岡城の特徴

丸岡城は柴田勝家の甥で養子となった柴田勝豊によって築かれた城です。

江戸時代には福井藩の附家老として城主をつとめていた本多成重がをつとめていましたが、福井藩主・松平忠直の隠居に伴い独立し、丸岡藩が成立しました。

その後、本多家がお家騒動で改易となったのちは、代わって有馬氏が入封し、以後6代がこの地を治め明治維新を迎えました。

 

掘立柱構造の望楼型天守や、笏谷石を使った石瓦などが特長の北陸唯一の現存天守で、最古の天守という説もありましたが、近年の調査により築城年代は江戸初期であることがわかりました。「日本100名城」「日本さくら名所100選」に選ばれています。

スポンサーリンク

丸岡城のオススメ周辺ホテル

ホテル クージュ福井(cooju福井)
天然温泉 羽二重の湯 ドーミーイン福井
清風荘

ホテル クージュ福井(cooju福井)

2017年10月に改装されたホテル クージュ 福井は、福井大学医学部附属病院から車で7分、丸岡インターチェンジから車で10分、JR福井駅から車で24分の場所に位置しています。

敷地内の無料専用駐車場を利用できます。

お部屋には専用バスルーム、無料バスアメニティ、ヘアドライヤー、テレビが備っています。

ホテル クージュ 福井から、様々なショップや飲食店のあるショッピングモールのフェアモール福井まで車で5分です。

館内レストランにてビュッフェ式朝食があります。

小松空港まで車で50分です。

宿泊料金:4,464円(税込)~

住所  :福井県坂井市丸岡町羽崎22−25

天然温泉 羽二重の湯 ドーミーイン福井

天然温泉 羽二重の湯 ドーミーイン福井は、福井駅西口より徒歩にて約7分に位置しています。

最上階9Fには天然温泉用男女別大浴場完備されていて、泉質はアルカリ性単純温泉で、神経痛、筋肉痛、運動障害、慢性消化器病、疲労回復などに効能があります。

男性風呂には、露天風呂や高温サウナも完備されていますし、女性風呂には、外気浴やナノスチームサウナが完備されていて、お風呂を満喫することができます。

宿泊料金:3,450円(税込)~

住所  :福井県福井市中央1-18-1

清風荘

清風荘では、北陸最大級の庭園露天風呂を始め 多種多様な温泉を楽しむことができます。

夕食は、四季折々の海鮮が食べ放題の豪華バイキングや 会席料理、蟹や海の幸を使ったお料理、贅を尽くしたワンランク上の特撰懐石など 多彩なメニューが楽しめます。

ハイクラスの特別室や、客室専用の露天風呂などで、心も身体も癒されることができます。

宿泊料金:4,546円(税込)~

住所  :福井県あわら市温泉3丁目803

丸岡城観光2020まとめ

小高い丘の上の、石垣の上にそびえる丸岡城の天守閣は、外観は二階建てに見えますが、内部は三階建てになっています。

一階の壁には、ベランダのように天守から張り出していて、天守の石垣を登ってくる真下の敵に石を落としたり、弓や鉄砲を撃ったりする「石落とし」や、弓や鉄砲を撃つことができる「狭間」という天守の壁面に空いている小さな穴や小窓があり、様々な形・大きさで、他の階でも見ることができます。

江戸時代につくられた城は、城主の権威を示すため、大きく立派で多層式のものが目立ちますが、丸岡城内は戦国時代の雰囲気があります。

豪華さや優美さより、いたる所にある敵に対する備えの方が目を引きます。

最上階三階の望楼は、ふもとから約35mの高さで、天気が良ければ四方の窓が開け放たれ、当時の城主が眺めたものと同様の丸岡の町並み、坂井平野の田園風景、かつて豊原寺があった山並みを、さえぎるものなく見渡せます。

吹きぬける風が気持ちいい望楼から、城主になった気分で城下を眺めてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました