松本城観光2020!アクセスと周辺駐車場は?周辺のおすすめホテル紹介

お城




松本城観光2020のアクセスと周辺駐車場を紹介しています。

また、松本城の特徴と周辺のおすすめホテルを紹介しています。

松本城は、長野県松本市にある城で、安土桃山時代末期から江戸時代初期に建造された天守は、国宝に指定され、城跡は国の史跡に指定されています。

スポンサーリンク

松本城へのアクセス

 

会場:長野県松本市丸の内4番1号

●電車
JR篠ノ井線「松本駅」下車 徒歩約20分

●バス
「松本城・市役所前」下車 乗車時間約10分

●車
「長野自動車道 松本IC」から約20分

●周辺の駐車場の地図

スポンサーリンク

松本城の特徴

松本城は外壁板に黒漆を塗ることで黒く光り輝いていることから、別名「烏城」ともばれています。

現存十二天守のなかでは唯一の平城で、本丸、二の丸、三の丸が三重の水堀で囲まれています。

五重六階建ての大天守は国宝に指定されている天守としては最古の物です。

松本城は、戦を経験したことのない城としても知られていますが、矢狭間や鉄砲狭間、石落としなどが設けられている天守からは、軍事施設としての松本城の特色が感じられます。

大天守の四層と五層がほぼ同じ大きさであることも外見的な特徴のひとつですが、記録によると築城当初は異なる大きさであった物が、五層を板で覆ってしまったために今のようなかたちになったと言うことです。

 

また、松本城と呼ばれる以前は、深志城と呼ばれていて、市民からは烏城とも呼ばれていたそうです。
ただ、文献上には烏城という表記はないそうです。

スポンサーリンク

松本城のオススメ周辺ホテル

松本丸の内ホテル
松本ホテル花月
天然温泉梓の湯ドーミーイン松本

松本丸の内ホテル

松本城の城内「三の丸」に位置する唯一のホテルで、隣接するレストラン棟は登録有形文化財に指定されており、結婚式会場としても使用されています。

茶系が中心の落ち着いた色合いのお部屋に、寝心地の良い日本ベッド製造のマットレスが設置されています。

また、肌あたりの良いリネンに、使い心地を大切にしたアメニティ類、ドリップ式のコーヒー、紅茶、日本茶も用意されています。

デスクも広めで、備え付けのスタンドもあり、貸出用に加湿器、アイロン、ズボンプレッサーもあります。

宿泊料金:6,490円(税込)~14,300円(税込)

住所  :長野県松本市大手3-5-15

 

松本ホテル花月

松本ホテル花月は、2016年4月5日リブランドオープンいたしました。

国宝・松本城から徒歩約5分、松本駅からも徒歩約15分程の距離にあり、観光やビジネスの拠点として適したホテルです。

客室では、質素でありながら味わい深い松本民芸家具が、その空間にしっとりと落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

本館の客室は、高い天井とオフホワイトの色彩を基調としており、広がりを感じることのできる造りになっています。

宿泊料金:5,720円(税込)~33,550円(税込)

住所  :長野県松本市大手4-8-9

 

天然温泉梓の湯ドーミーイン松本

天然温泉 梓の湯 ドーミーイン松本は、JR松本駅お城口から徒歩5分の好立地にあります。

純和風の落ち着いた雰囲気の自家源泉天然温泉の露天風呂と大浴場は、手足を伸ばしてゆっくり寛ぐことができます。

また、サウナもあります。

郷土風和洋バイキング式の朝食と、無料の夜鳴きそばの提供もあります。

そして、ゆったりと広いシックなデザインのベッドは、落ちた空間で、快適な睡眠をサポートしてくれます。

宿泊料金:3,178円(税込)~10,509円(税込)

住所  :長野県松本市深志2-2-1

松本城観光2020!アクセスと周辺駐車場は?周辺のおすすめホテル紹介まとめ

天守が国宝指定された4城のうち姫路城は1993年に世界遺産登録され、彦根城は1992年世界遺産国内暫定リストに掲載されていて、松本城も、『「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会』が中心となって、世界遺産登録をめざしています。

姫路城のように、松本城も世界遺産になる日も近いかも知れませんね。

 

タイトルとURLをコピーしました