家に住んでいると、どこかしら調子が悪くなるのはしょうがないこと。

出来るだけ自分で直したほうが、お金は掛からないので直したいが、直し方がわからない。

どうしたらいいものか?

建具ドアもそのうちの一つです。

大体悪くなる箇所は、決まっていますので自分でいじってみて、ダメでしたら業者に頼みましょう。

今回は、建具ドアの修理のポイント屋さん交換時の価格、鍵について紹介します。

スポンサーリンク

建具ドア修理のポイント

引用 https://www.daiken.jp/product/lp/door.html

建具ドアの調子が悪くなるポイントは決まっています。

これから紹介する、2か所がほとんどです。

 

1、建具ドアを吊っている、丁番の所

既製品の建具のほとんどが、重たくできています。

なので、建具が垂れてしまうのです。

 

そこで、自分で直すには丁番の所をよく見てください。

左右と書いてありませんか?

上下も調節できるはずです。

引用 https://www.daiken.jp/service/report_01.html

ここで、調節が出来たらラッキーです。

ここで、もし直らなければ、ダイケンの建具の丁番なので近くの建具屋さんでは、金物は入りません。

建ててくれた会社や大工さんに修理を依頼するしかありません。

逆に、通常の丁番が悪いときには、建具屋さんにお願いしましょう。

引用 http://direct.atomlt.com/hinge/

もし、建具がたれているのでしたら、自分で直したければビスを外して、止める所を少し上に打ち直せばいいです。

がんばって下さい。

スポンサーリンク

建具ドア交換・価格

建具ドア交換できる?

建具ドアの交換ですが、それは可能です。

既製品の建具で、10年20年前の建具で全く同じものを欲しいと言われても、それは無理です。

似た建具にするしかありません。

既製品の建具(ノダ・ダイケン・トステムなど)の金物も変わりますので、既製品の建具が無いときもあります。

そんな時は、近くの建具屋さん木工屋さんにおねがいしましょう。

必ず、似たものは作ってくれます。

建具ドア価格

 

引用 https://www.sanwacompany.co.jp/shop/series/S0322/

これは、非常にむずかしい所であります。

大きさ・デザイン・扱う金物・取り付ける住所・今までの付き合い・依頼先

で値段は全然変わってしまうからです。

 

ザックリ言うと

3~20万(内容によって変わる)

と言っておきましょう。

それだけ、建具内容・頼む場所で変わってくるのです。

 

一番無難なところは、家を建てた所に頼むこと。

でも、ハウスメーカーはいい値段が付くのは、間違いありません。

必ず見積もりを取り、納得したうえで頼みましょう。

スポンサーリンク

建具ドアノブ交換

 

建具ドアノブ交換ですが、何処で作られた建具なのか確認が必要です。

1・既製品(メーカー)で作られた建具か?

2・建具屋さん木工屋さんが作られた建具か?

引用 https://www.daikenhome.gr.jp/maintenance/

それで、変わってきます。

1番なら、家を建ててくれたところ、他の工務店、そこの金物メーカーにお願いして同じもの、もしくは、もともとの穴にあったものを探すしかありません。

ザックリ2~5万

 

2番なら、ドアノブを外し近くのホームセンターに持っていき、穴にあうものを店員さんに選んでもらいましょう。

または、建具屋・木工屋に依頼しましょう。

ザックリ5千~2万5千(内容によって変わる)

引用 https://www.kawaguchigiken.co.jp/

これも必ず見積もりはとりましょう。

建具ドアに鍵はつく?

引用 http://best.rockeys.biz/213_802.html

建具ドアに鍵は、つきます。

鍵がつくか?と言われれば、‘‘ どんな形 ‘‘でも良ければ付くということです。

 

建具内に、皆さんの思う建具内部に綺麗に納めようとするなら

‘‘ 建具の見込み(建具の厚さ) ‘‘

がなければ鍵は付きません。

また、取り付ける場所の状態、材質を考慮しないといけません。

これは、自分ではなかなか出来るものではありません。

見積もりはしっかりと取りましょう。

建具ドアまとめ

建具ドアの困ったときは、一番いいのは家を建てた所に依頼することです。

建てた所ですから、家のこと全てをわかっているはずです。

それがだめなら、近くの工務店に依頼することを考えましょう。

一番安く押さえたいなら、建具屋・木工所にお願いすることです。

豊かな生活が出来たらいいですね。