生活していく上で、困ったことは出てくるもの。

その中でも、建具の調子が悪くなることもあるかと思います。

引戸であったり、ドアであったり・・

初めは、だましだまし使っているものの、毎日使う物なので憂鬱になってきます。

いざ、直そうと思ってもどうしていいのか?

どうしたらいいのか?

わからないことでしょう。

今回は、建具引き戸が調子悪くて修理したい、業者に頼みたいけど何処に頼んでいいかわからない。

そんな人のために、紹介していきます。

スポンサーリンク

建具引戸修理を自分でするには?

まず、建具は何処の部屋にあって、どんな建具でしょうか?

それによって、修理の仕方はかわってきます。

今回私が、紹介するのは素人が簡単に出来るところまでを紹介します。

和室建具障子

動きが悪いときは、まず外してみましょう。

ここは大事なところですが、外す際に枠の右で外れなくても左で外れます。

または。手前に引いてダメなら、押してみると外れるかもしれません。

もう、動かないよ!

と言う方は、道具が必要になるので業者に頼みましょう。

生活してきたので、上から重さがかかり動かないことも考えられます。

 

もし、外れたならごみを取り除き溝の中にきっちりと入れましょう。

それでダメなら業者さのお願いしてください。

和室建具襖

襖とは、10年20年前のものなら淵が黒く塗られているかもしれません。

基本的には、障子と同じように外してみましょう。

通常、敷居の溝の中を走っていますが、間仕切り(部屋と部屋の境の襖)は戸車が入っているかもしれません。

なので、その戸車が動かなければ、戸車をもってディスカウントショップにいきましょう。

同じものを、買ってきて取り付けてください。

それでダメなら、業者に頼みましょう。

洋室にある木目調の建具

通常であれば、敷居の所にレールがあり、建具に戸車が付いているはずです。

どこの会社(ノダ・トステム・リクシル)で作っているもか見てください。

メーカーで作ったものであれば、建具の下にプラスドライバーで調節できるようになっており、上・下とよく見ると書いてあるので、戸車の調節で修理してください。

建具屋さんの作ったものは、建具の横から調節できなく、建具を外し、下を見て見ましょう。

戸車が悪ければ、壊れた戸車をもってディスカウントショップに行き、同じものを買ってくればいいのです。

 

いずれも直らないときや、わからないときは業者にお願いしましょう

スポンサーリンク

建具の引戸修理何処に頼んだらいい?

それでは、困ったときに何処の業者に頼めばいいか教えます。

 

1、一番いいのは、家を建ててくれた会社?大工さんに見てもらう。

自分の家を建ててくれた大工さんなら親身になってくれるはずです。

会社もおなじことですが、値段が高くかかるかもしれません。

 

2、インターネットで検索してお願いする

インターネットで ‘‘ 建具修理 自分の地名 ‘‘で検索してお願いする。

 

3、知り合いに業者を紹介してもらう。

 

4、電話帳をみて、建具店・木工所で調べて電話する。

会社(ノダ・トステム)で作ったもので金物なら、工務店がいいです。

しかし、そうでないときは建具屋か木工所に電話をしましょう。

職人は本当に口下手でインターネットはつかいません。

建具店・木工所にお願いしたほうが安くあがるでしょう。

スポンサーリンク

建具の引戸修理の値段は?

はっきりと言いますが、ピンキリです。

修理内容でも変わってきますし、何処に頼んだかにもよります。

会社にお願いすれば、経費もあるので高くなります。

そうかと言えば、まだ家を建てて何年もしてなければ、タダということもあるのです。

 

一番いいのは、建てた所で修理することです。

それが、できないのでしたら、その修理を直接やってくれる建具店・木工所にお願いすることです。

わかりますか?

 

どういう方法でやるにしても、大事なことは‘‘ 見積もりをとる ‘‘と言うことです。

しかも、口頭ではなく書き記してください。

そうすれば、失敗はへるはずです。

建具修理まとめ

いくら建具が調子悪いとは言え、強引なことはやめましょう。

悪くなる一方です。

簡単なことは自分でやるのですが、ちょっと無理だな!難しいなと思ったら、家を建てた所に相談するのが、1番いいです。

住みよい生活を送ってください。