バーベキューを計画している方、楽しみですよね。

家で食べるのとは違い、外で食べるのは味が違うんですよねーー。

ましてや、自然のある所でバーベキュー出来たら最高。

そんな、バーベキューで大事なのが、食材。

そして、食材は揃ったもののどうやって切っていいのやら?

家と違って、他の人も来るし・・・。

そんな方に、バーベキューでの野菜の切り方を教えちゃいます。

バーベキュー 食材 の野菜 切り方は?

引用 https://publicdomaing.net/vegetables-food-0009488/

野菜を切る上での心得

確かに女性であれば、

「こんな野菜の切り方も知らないのーーー」

と言われるのがこわいかもしれませんね。

 

でも、正直に言ってしまったほうが楽です。

「私、バーベキューってそんなに行ったこと無いから、切り方知らないんです」

って。

そんなに、変に思いません。

 

本題ですがバーベキューって大胆、大ざっぱでいいんです。

そんなに、丁寧に切っても美味しくありません。

適当と言う感じでいいと思います。

 

ただ言えることは

・あまり小さく切りすぎないこと。

・野菜によっては、そのままのほうが美味しいこともある。

・火が通りにくいものは、火が通りやすく切っておく。

以上3点を覚えておきましょう。

野菜を切る

引用 https://good-wisdom.com/bbq-vegetables

たまねぎ

1㎝幅位で輪切りにしましょう。

小さい玉ねぎは、横切りだけでいいですが、大きいたまねぎは、縦で半分にしてから横切りしたいです。(画像参考)

つまようじを刺しておくと、バラバラにならずに食べやすいです。

ピーマン

ピーマンは、簡単に縦に真っ二つでokです。

大胆に焼いたほうが美味しいです。

後は、中のタネを取っておきましょう。

なす

なすは、上のヘタの部分を切り落とし、斜めに輪切りします。

幅は1cmより薄いくらいです。

当日バーベキューの場所で切るならそれで良いですが、前日に切るなら塩水に付けたほうが、色が変わらないですね。

かぼちゃ

固いので手を切らないように注意してください。

縦に半分に切ります。

その後、種はスプーンで取り除きましょう。

弓型に薄く(0.5cm~0.8cm)スライスします。(上の画像参考)

ただ、かぼちゃは火が通りにくいので、レンジでチンをしておくと、当日火が通りやすいです。

切るだけ切って、当日盛り上がりながらゆっくり焼くのもokです。

トウモロコシ

皮をむき、横に3~4等分に切ればいいだけです。

トウモロコシもなかなか火が通りにくいので、10分程度茹でておくか、レンジで2分程度チンしておくと焼くのに楽です。

でも、切るだけ切って当日ゆっくり焼くのも悪くないです。

スポンサーリンク

バーベキュー 食材 のキャベツ切り方は?

キャベツは、間違っても細かく千切りにしてはいけません。

大ざっぱでいいです

キャベツは、出来ればその場で切る、もしくはその日の朝切りたいです。(しなびてしまう)

切りかたとしましては、縦に4等分してキャベツの芯を取り除き、上の画像のように荒く切ればいいです。

むしろ、手でちぎってもいいです。

大きく切っても、キャベツは焼くと小さくなりますし、生でも食べれる食材ですからね。

ただ、キャベツの芯だけは火が通りにくいので、取り除くのをお勧めします。

後、色んな方がいますので、切った後は洗いたいですね。

スポンサーリンク

バーベキュー 食材 下ごしらえのまとめ

これ大事ですが、近くのスーパーは確認しておきましょう。(あったら!)

 

バーベキューの準備をされる方、大変ですよね。

手を掛ければいくらでもやることはあります。

下ごしらえも火を通したり、レンジでチンしたり、直ぐに食べれるようにするなら大変です。

 

でしたら、せめて切るだけの下準備でいいのではないでしょうか?

当日、食材をゆっくりと焼きながらみんなで語り合う!

それが楽しいです。

あまり苦労すると、バーベキューが嫌いになってしまいます。

楽しく♪みんながハッピーになれる♬バーベキューになって欲しいです(^^)