山梨で行われる花火大会と言えば、山のイメージがあります。

山梨県で1番の人気である神明の花火大会の時期が近付いてきました。

花火はストーリー性のあるプログラム構成が特徴ですが、楽しみです。

音楽と花火のハーモニーで観覧客に感動を与えてくれるでしょう。

今年も楽しんじゃいましょう。

神明の花火大会の日程や開催情報を紹介していきます。

穴場も知っておきましょう。

スポンサーリンク

神明の花火大会2019の日程・開催情報

花火打上日  2019年8月7日(水)

※雨天時:雨天決行、荒天時は8日に順延、8日も荒天の場合は9日に順延(当日7:00に決定)

打上時刻    19:15~21:00(予定)

打上数     約2万発

例年の人出   約20万人

人気度     山梨県内で1位

駐車場                  毎年4,000台分ほど臨時駐車場を準備されている。

山梨県は車社会なので、14時頃には、満車なんてこともあるようです。

最新の情報はこちらをどうぞ

→市川三郷町「神明の花火大会」

スポンサーリンク

神明の花火大会の場所

山梨県西八代郡市川三郷町高田 三郡橋下流笛吹川河畔

JR身延線市川大門駅から徒歩10分


スポンサーリンク

神明の花火大会穴場スポット

神明の花火大会は周辺に大きな建物もないため、比較的遠くからもよく見ることができます。
一方で、有料観覧席やホテルでの観覧なども可能ですので併せて紹介いたします。

 

その1

市川大門総合グラウンド

花火会場から近いので混雑が予想されます。

少し、早めに行ったほうがよさそうです。

有料観覧席はこの周囲一帯になります。金は3,000円となっています。


 

その2

殿原公園周辺

会場から少し離れて居ますが、空いていて落ち着いて見れます。

 

その3

櫛形林道展望台


神明の花火大会の会場から、20キロ離れた場所です。

ここなら人は、少ないはずです。

人ごみが嫌いな人は、いいかと思います。

夜景を見ながら花火を見れて最高なところです。

視界もよく、駐車するスペースも十分にありますので、おすすめです。

その4

湯沢公園


会場場から7キロ位離れた場所です。

視界も良く、トイレもあります。

人が、ほとんどいないので花火大会の雰囲気を味わいたいのでしたら、物足りないかもしれません。

まとめ

打ち上げ花火、約2万発。

その中でも、2尺玉(500メートルまで上昇して開きます)

また、花火が開催される市川三郷町は花火師の町として有名で、全国の競技大会で優秀な実績を残す地元の煙火店によるテーマファイヤー&グランドフィナーレは必見です。