今年で70周年を迎える諏訪湖花火大会ですが、特別企画も実施予定という。

何があるんだろう?ちょっと楽しみです。

諏訪湖と花火のコラボは、毎年楽しみにしている人も多いはず。

何といっても、2キロのナイアガラは、他ではなかなか見れませんからお見逃しなく!

諏訪湖花火大会の日程・開催情報を紹介します。

穴場も知ってたらいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

諏訪湖花火大会2019の日程・開催情報

 

花火打上日    2019年8月15日(木)    ※雨天時:雨天決行

打上時刻      19:00~

開門時間      午後2:00予定

打上数       約4万発

昨年の人出     約500,000人

人出数ランキング  全国5位

人気度       長野県内で1位

露店数(昨年)   約600店

トイレ(昨年)   約340基 28カ所

 

最新情報はこちらをどうぞ

諏訪湖祭湖上花火大会 公式サイト

 

お盆の時期ですから、故郷の長野に帰ってきて諏訪湖花火大会を楽しみにしている方も多いようです。

なんといってもプログラムが2部構成になっていて、

1部と2部それぞれ構成の違った花火を楽しむことが出来ることです。

 

交通手段

JR中央本線上諏訪駅下車徒歩10分
中央自動車道諏訪ICから諏訪湖方面へ約15分(通常時

臨時駐車場

12ヶ所(約4,720台)を設置

詳細は駐車場情報をご覧ください。

→駐車場一覧表

スポンサーリンク

開催場所

諏訪市湖畔公園前諏訪湖上


 
スポンサーリンク

諏訪湖花火大会の穴場

その1

SUWAガラスの里周辺   長野県諏訪市豊田2400−7 北澤美術館新館

花火大会会場から離れて居ますので、人も割と少ないです

人ごみが嫌いな人、良いかもしれません。


その2

立石公園   長野県諏訪市上諏訪10399

会場よりは少ないとはいえ、人は多いです。

でも、花火の迫力は最高です。

公園ということで、トイレの心配がいらないです。


その3

高ボッチ高原 長野県塩尻市東山

会場から離れていますが、夜景も良く見えますし、花火も上からよく見えます。


その4

ヨットハーバー隣の百景園

ヨットハーバー寄りの場所が、オススメの穴場スポットです。
ここからでも、ナイアガラは見えますので安心してください。


その5

下諏訪漕艇場の南赤砂﨑
ここから見る花火は、まさに逆さ花火(笑)見ごたえありますね。


まとめ

長野の諏訪湖と言えば、山に囲まれたところにあります。

花火の迫力から、やまびことなって聞こえてくることもあるでしょう。

音にも注目です。

また、諏訪湖花火大会の魅力として、日本でも最大級と言われる2キロのナイアガラは楽しみのひとつです。

お盆なので、ぜひ諏訪湖花火大会にお出かけください。‎