夏と言えば花火大会!

花火大会を見なければ、夏を満喫できないという人もいるかもしれません。

家族で出かけて、綺麗な夜空を眺めるのは、ひと夏のいい思い出になることでしょう。

 

今年で69回となった、平塚花火大会。

日程・開催情報と駐車場についてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

平塚花火大会2019日程は?

 

 

実施日   2019年8月23日(金)

時間    午後7時~午後8時

会場    湘南潮来(相模川河口)

発数    約3,000発

例年の人出 約150,000人

交通規制  花火大会開催に伴い、会場周辺では交通規制が実施されますので、規制中は車での出入りできません。

アクセス  公共交通:JR平塚駅→バス10分、バス停:須賀港下車、徒歩5分

人気度   神奈川県内で23位

 

平塚花火大会は、ここ数年8月の終わりに実施されていて、夏の終わりと感じさせられます。

子供にとっても、夏休みの終わりの行事となり楽しみの一つです。

学生の時に行きましたが、人気は衰えていないですね。

平塚七夕祭りは、全国的にも有名ですが、平塚花火大会もよく知られており、地元の人からは愛されている、花火大会です。

スポンサーリンク

平塚花火大会 会場案内図

神奈川県平塚市 / 相模川河口(湘南潮来)

引用:http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kanko/page-c_01068.html

 

スポンサーリンク

平塚花火大会 駐車場は?

人が多いから、電車で行く人も多いかと思います。

でも、小さい子供を連れて行きたい、おじいちゃんおばあちゃんを連れて行きたい、そんな方のために調べてみました。

車で行く場合

小田原厚木道路平塚ICから約20分
圏央道茅ヶ崎海岸ICから約5分

無料駐車場

・競輪場東側河川敷臨時駐車場(無料)

県平塚市久領堤5−1     駐車台数3600台あり


が無料駐車場となっています。

歩いて30分位、シャトルバスもでているようです。

近くには、有料駐車場がありますが多くの人が利用します。

そのため出来るだけ早く行かないと、車がいっぱいなり車を止められなくなってしまいます。

その他の駐車場(OSC湘南シティ)

もし車を停めることができなかったら、最悪、公式の駐車場ではありませんが、OSC湘南シティという大型のショッピングセンターがあります。

有料では、ありますが、それも有りです。

帰りにちょっとお買い物をして帰るのもいいかもしれません。

平塚市代官町33−1


どちらにしても、通常の込み具合とは違いますので、余裕をもって会場につかないと、車を止められず帰ることになってしまいます。

会場には、余裕持って行ってください。

平塚花火大会 混み具合は?

人では、約15万人と言われています。

東京の花火大会と比べますと、少ないほうです。

人が多すぎて前に進めない戸いうことは、無いかと思われます。

会場の近くでは交通規制があるので車の渋滞は避けられません。

電車や歩いてくる人は特に気にしないで大丈夫と思いますが、1時間前に付くというのは、誰もが考えることなので、2時間前ので17時には会場について場所取りをしたらいいかと思います。

帰りは、少し会場で余韻を楽しんで、10分20分してから、帰ったらいいでしょう。

その他の神奈川祭り情報

大磯花火大会2019なぎさの祭典は?

2019年7月27日(土)20時30分~20時50分

人出予想:3万5000人

大磯駅より徒歩10分

平塚花火大会ほど大きい花火大会ではありませんが、地元の人達が毎年楽しみにしている花火大会。

夕方からライブも開催され、花火も約1000発ですが、海をバックに十分に楽しめます。

茅ヶ崎花火大会2019サザンビーチ

2019年8月10日(土) 19時30分~20時20分

荒天の場合中止

打ち上げ数:約3000発

jR茅ヶ崎駅より徒歩20分

 

茅ヶ崎の海を背に見る花火は、ロマンティックです。

見どころは、水中に羽を広げて見える「孔雀花火」です。

平塚七夕2019は?

2019年7月 5日(金)6日(土)7日(日)

時間:午後9時まで(最終日午後8時まで)

関東で3大七夕まつりのひとつ、日本でもよく知られている七夕祭りです。

平塚七夕まつりの見所と言えば、竹飾り。

商店街を歩くと、その年の流行を取り入れた竹飾りがみれます。

忘れていけないのは、「七夕踊り千人パレード」です。

まとめ

令和の時代になり、初めての平塚花火大会。

気持ちも新たに、お祝いの気持ちから例年の150、000人よりも多かったら平塚に活気が出ていいかと思います。

8月〇日、家族で楽しい夜のひと時を過ごしてください。