この世界の片隅に」

は日本の漫画作品を実写化したものです。

『漫画アクション』(双葉社)

が2007年1月23日号ー2009年1月20日まで連載。

2011年8月にドラマ化され、

2016年には11月には片渕須直監督による

アニメが映画で全国公開された。

そして、今回2018年7月15日(日)

のTBS系で「日曜劇場」の枠で連続ドラマ化される。

日曜よる9時から

ドラマが始まる前に理解しておけば、

もっとドラマがおもしろくなるはずです。

相関図を見ながら、

誰がどんな役柄で出演してるか見てみましょう。

スポンサーリンク

この世界の果てに 相関図

 

豪華なキャストです。

舞台は1944年、

太平洋戦争中の広島県の軍港・呉市(呉市)

をテーマに描いたドラマです。

家族や友達が戦場に送られる不安を持ちながらも、

前向きにに生きて行くお話。

スポンサーリンク

この世界の片隅に キャスト役柄

北条(浦野)すず 役:松本穂香

他人を思いやる心にあふれ、

どんな状況でも前向きに明るく生きようとする芯のある女性。

 

北条周作 役:松坂桃季

すずの夫。

海軍で軍法会議の録事をしている。

神経質のようですが、情熱と優しい心をもつ。

 

黒村怪子 役:尾野真千子

周作の姉

嫁ぎ先から娘を連れて戻る。

すずを気に入らない感じ

 

北条円太郎 役:田口トモロヲ

周作の父。

海軍で技術者をしている。

家の中の雰囲気に鈍いのです。

 

北条サン 役:伊藤蘭

周作の母。

足が悪く安静にしていることが多い。

すずには優しい。

 

浦野キセノ 役:仙道敦子

すずの母でやさしい

のんびり屋のすずが嫁ぎ先でやっていけるか心配

 

白木リン 役:二階堂ふみ

呉の遊郭の遊女。

ちょっとしたことからすずと出会い、

奇妙な友情が生まれる。

 

森田イト 役:宮本信子

すずの祖母。

すずの優しさを理解して、陰から見守ってくれる。

スポンサーリンク

この世界の片隅に  撮影状況

撮影は順調に進んでいるようです。

この世界の片隅に 予告動画

人生を懸命に生きた家族の愛の物語。

今では到底考えのつかない、戦争の時のお話

ぜひ、日曜の夜ゆっくりと見て下さい。

この世界の片隅にの話題はこちらもどうぞ

この世界の片隅にドラマの子役・新井美羽に注目

この世界の片隅に 松本穂香 ってどんな人?

この世界の片隅にドラマは呉市が舞台に

この世界の片隅に 松本穂香ヒロイン・すず役に抜てき