巨人ピッチャー菅野智之 6年目にして初ホームラン

プロ野球は18日 巨人ーDeNA 戦 菅野智之が入団6年目にして初ホームランを放った。

苦しいピッチングをしていた菅野智之は、3-3の同点の場面で打席は回ってきた。

5回ノーアウトここでヒットを打てれば逆転のきっかけになるかもしれない。

必死で打った打球だったでしょう。

打った打球は、スライダー。

見事にレフト後方席に突き刺さった

ゾーンに入っていたのか?

1塁を回った所で観客席の声援に気づいたようです。

自分自信を援護する、今季最多たいとなる5勝目を菅野智之自信でもぎ取った。

スポンサーリンク

菅野の調子はどうだった?

巨人のエース菅野は連続イニング無失点をどこまで伸ばせるか注目されていた。

しかし、調子がいいとは言える状態ではなかった。

コントロールが定まらず、3回には30イニングぶりとなる失点。

筒香に2ランを浴び、5回には梶谷にソロホームランを浴びたのだ。

ベンチも交代のタイミングを計ったことでしょう。

しかし5回には代打を出さずに菅野でいったのだ。

そのため、勝ち越しを決め6回を投げ切ったところで降板。

高橋監督ズバリ当たった采配でした。

 

ホームランを打った菅野は「マグです。いつ振りだろう。わかんない。」と笑顔でコメントしてくれたようです。

投げて打ってはホームラン含む2安打今日のヒーローは菅野で決まり

スポンサーリンク

菅野智之プロフィール

  • 生年月日:1989年10月11日 (28歳)
  • 身長:185 cm
  • 学歴:東海大学
  • 右投右打
  • プロ入り:2012年ドラフト1位
  • 年俸:4億5000万
  • 背番号:19

 

元巨人監督 原辰則は母方の伯父である。

原辰則さんも東海大学出身ですから、昔から絡みはあったはずです。

昨年2017年には17勝5敗と最多勝をとった。